2019年06月01日

ハーフターム

イギリスの学校っていうところはよく休みがある。
親は大変だろうなって思う。
日本のように夏休みや、楽器と楽器の間の休みはもちろんだけど、
それ以外にもハーフタームというお休みがあって、その間、
年齢によっては親は家にいなくてはいけない。
そういう法律があるんです。

その間にホリデーに出かける家族も多いのです。
まったくホリデー好きですよね、ヨーロッパ人って。
それを楽しみにして生きてるし。

どうやったらあんなホリデーに行けるのか、って思われがちですけど、
まさにその為に働いているし、ヨーロッパ間は近いので近くの国へ行ったりね、
もちろん国内もあり。

ハーフタームの間、子供たちは宿題もないので実にのびのびしてますよー。
日本もあういうふうになったらいいのにー。

やっと有休休暇は「絶対にとれ」的な法律が出来そうですが、まだまだ休みがとれない日本の社会。
おかしいですよ。

ハーフタームは親なかせではあるけど、そうやって育ってきたからこそ
親になっても子供の面倒は看るし、ホリデーに行くことに抵抗がないんだろうなー。

2019年05月01日

ファッション・リーダー?

イギリスのエリザベス女王様はお年になっても皆のファッション・リーダー?
といっても誰にも真似できないファッションではあるけどね。
目立つように、すぐに女王だって分かるようにってあんなファッションなんですって。

そのファッションによっては傘も代えているんだとか。
色とか形とか。
靴は当然かもだけど、傘までもかーー?

爪に関しては、女王は爪にカラフルな色はつけない事で有名。
他のロイヤル・ファミリーも控えめな色にしてるのはそのせい。

ある意味、そんなツメのことも含めて、、、やっぱりファッション・リーダーなのかなって思うのです。
お手本(真似はできないけど)に出来る、おしゃれで、そして気品があるファッションですよね。
当然、全部オートクチュールでしょうし(いきなりフランス語!)。
人気があるからお手本になる、っていうのもあるかも。
女王の仕事ぶりは本当にすごいんどえす、それを国民が認めている、
だからファッションも「ブラボーー!」ってなる(何語!?)。

傘なんて1つしか持ってない私がいうのはおかしいけど、やっぱり素晴らしいのだ。
そんなファッションのリーダーでもある女王様、、、
長生きしてほしいですねー。

2019年04月01日

サッカーキチガイ

近所にサッカーキチガイがいまして、その家の近くを通って、
たまたまサッカーをテレビでやっていようものなら、
外まで応援の声が聞こえてきます。

ゴールを逃すと罵倒、入ると奇声。
それはすごいのです。
あういうのがフーリガンになって、飛行機も載れなくなるのかな??
、、、、フーリガンって世界でリスト化されていて、サッカーの試合を見に団体で行こうとすると、飛行機で拒否されることがあるのだそうです。
飛行機のなかで暴れるから??笑
飛行機会社はそんなこともできるのかな??

あ、入国の時、だったかも??ごめんなさい、記憶が怪しくて。
いずれにしてもそういうことがあるようです。

近所のあの人もそうかも??
だって本当にすごいの。どこを応援してるのか、私はサッカーをよく知らないので分からないのですが、分かる人には分かるらしく、そこが負けると、
「しばらく関わらない方がいい」
とまで言います。
子、、殺される勢い??

サッカーごときで、、とも思うけど、本人は命がけだね(!)。

2019年03月01日

後継人

ときどき「誰かの後継人」とか「この人の後継人」なんて言葉が出てきますが、
後継人に正式になるにはお金を払わなくてはいけないって聞いた事があります。
一時期、オウム真理教の四女に、しょうこさんというジャーナリストが後継人になって話題を読んだけど、
あれもしかるべきところにお金を払っていたんでしょうね。

手続きした時にかかる費用だけではなくて、毎月かかってくるっていうんだから大変です。
ショウコさん、そんなことしてたのか、、、泣

これ、例えば親が認知症になってしまって、他の親族がその人のお金を
勝手に使えないように自分が後継人になる、って場合も同じらしいです。
毎月お金を払っても他の親族に使われないように、、って、よほどの資産家でもない限り出来ない、
だから多くの人泣くんだ、、、親族が勝手にお金使ったりするから。
そうかー・・(って、妙に納得)。

しかも、後継人になるには審査もあるらしいです。
面倒ですね、こういうことしなくてもいいように、親には
お金を残すな!

と言っておかなくてはならない、、、あ、もともとないか。。笑

後継人なんてあまり一般的ではないけど、そういうことなんだねー、
って事が分かった日でした。
ちょっと気になって調べてみただけですが。

2019年02月01日

砂糖は悪

甘いものが大好きな人には申し訳ないのですが、砂糖は悪、って思っています。
そんな自分でも砂糖をまったくとらないわけではありません、そんなの無理だし。

でも砂糖をとると身体が疲れてしまってどうしようもないのです。
それが嫌でつらいのでとらなくなったし、美味しいと思うようなものにも巡り逢えてません。

甘いものやちょっとした間食はしてます、そこに砂糖の入ってないものだけを揃えるってことも至難の業でしてません。
なので少しは取っているのです。
それでいいと思っています。
ただ、」とりすぎるととたんに疲れてしまうのですよ。

砂糖は”自分にとっては”よくないもの、です。

こんなふうになると、あまり太ることも気にしなくていいし、身体も疲れませんね。
身体が疲れたなって思ったら「昨日あtベタアレに砂糖が入っていたか」って思えます。
それはもう食べなかったらいいわけです。

食材選びが出来るってわけ。
砂糖がまったく悪だとも思ってません、人間の身体には甘いものも必要なときがあるし、
何度もいうけど自分だって食べたりしてますからね。
でも、、、なのです。
どんどんとっていってしまうのが砂糖、甘いものなので、どうか気を付けましょう。

健康の為です。

2019年01月01日

アスパラガス

イキのいいアスパラガス(ってなんだ??)を手に入れてきまして。
これで何を造ろうかなー、なんて考えてます。
とはいっても、結局は振るうに軽く茹でてそのまま簿記って食べるんだけどね。
サラダにしてもいいかな。

アスパラガスが嫌いな人って多いみたいですが、あんな美味しいもの、しかも栄養があるものを食べないなんてもったいない。
何が嫌いなの?味?
美味しいのにね。。。

アスパラガスにベーコンを巻き付けたり、薄い肉を巻き付けたりして焼いて、最後にしょうゆをじゅってやる、、これだけで充分美味しく食べれます。
今はベジタリアンなのでしませんけど、家族は大好きでよく食べてくれますよー。

白いアスパラは確かにちょっと歯ごたえが苦手ですが、これも料理次第かな。

新鮮なものは手に入らないのでもっぱら缶詰ですけどね。

さてアスパラ。。。数はあまりないので、サラダかなー、なんて考えてます。
貴重なオーガニックのものです、美味しくないわけないけど、
よりいっそう美味しく食べたい。
今から楽しみです。

皆さんはお節料理かな?
おせち料理にアスパラは使わないけど、もしお節に飽きたらこういうのもいいですね。

よいお正月をお迎えくださーい!

2018年12月01日

満州という国

むかし、DVDをシリーズで借りてその時は
「そういうことだったのかーー!」
って納得したのに、ほとんど忘れてしまっているお話しとして、
満州という国のことがあります。

ラスト・エンペラーという映画は有名ですが、あの話をもっと深く勉強しようと思ったんです。
当時はね。
でも今またなんだか興味がわいてきまして、思い出そうとするのですが人に説明できるほどではなくてがっかりしました。

満州という国は、日本がでたらめとして作り上げたニセモノの国、という理解です。
私が見たDVDは中国作成で、中国目線でしたので余計にそういう印象があります。
ラスト・エンペラーは靴のヒモもむすべないくらいなおぼっちゃまでしたが、
線背負う出普通の人と同じように監獄へ。
そこで嫌な目にあっても、なんとか日本が助け出すのです。

でもそれは、彼を利用するためであって、本当の意味で彼を主としたクニヲ作るつもりはなかったんですねー。

そこにもともと住んでいた人は、とてもいい国であった、っていうみたいです。
日本ですからね、犯罪もないし、とても平和だったそうですよ、
ただし戦争中でしたけどね。(そうだよね?)

このお話し、面白いのでもう一度掘り下げたいと思っています。

満州で生まれた、って人がまだ日本にもいるのですが、
「それって。・・・・どういうこと!?」
ってならないように。
勉強って大事ですねー。

2018年11月01日

いつもと違う経路

ちょっとね、、いつも行く国にいくための飛行機を見てて、
乗りたい飛行機会社の便が高いので、では安いのはどこ経由なんだ??って見ててね、
ブルネイ、が出てきました。
乗ってる時間や待ってる時間が長いのは嫌だけど、ちょっと待てよ、と。

待ち時間が長いなら、この時間に入国して少し遊んできたらどうなんだろう?
どんな国だろう?って考えてしまった。

可能なら、時間はかかるし面倒ではあるけど、これ、いいかも、と。

待ち時間が10時間以上ある場合はこれに限る。
ただし、入国が可能ならば、だ。
可能だけどお金とるよ、な場合は少し考える、金額にもよるけど。

空港使用料くらいならいいけど、万単位でかかるならやめるかなー。
せっかく飛行機代が屋しくても、他にこういうのとか、移動費とか、食事とかね、
そこを考えて結果高くつくなら考えます。

同じくらいなら、、、考えてもいいかも。。面白そうな国だし。いったことないし。
いつもと全く違う経路ではあるけど、どうかな?
おもしろそうでしょ??

2018年10月01日

シーツをどこに干すか

シーツ類を洗う日っていうのはだいたい決まっていて、でもその日に雨がふると外に干せないので困るのであーる。
そんな時は椅子を2つ窓際に持ってきて、そこにシーツをかぶせて干すんだけど、これが日課になりつつあって怖い。
本当は気持ちよく外に干したいのに。
雨ばかり。。。泣
家の中に洗濯ものの匂いもつきそうだし、梅雨でもないのになんだか嫌だ。
ではどこに干せばいいのか。
ベランダがない家なのです。
晴れた日にだけ洗濯すればいい、とか、そういうことはいいっこなしですよ、本当に困っているのです。
家族はどこに干そうともなにもいいませんが、椅子があるのはリビングなこと、
お日様が当たりそうなところがそのリビングの窓際なこと、
から、そこになっちゃう。。。でも私はなんとなーく納得してないんです。
だったらどこがいいのsだーー!!??・・・そこなんですよねー、ないんです。

だからこそイライラするんですよ。

その前に、何度もいいますけど、洗える日は決まっています。
周期もあるでしょ、たとえば1週間に一度洗う、それは日曜日だ、とかね。
そこになると雨が降る、というわけです。

ベランダを作るか、、、そんな時間とおかねがあればいいが、、、ない(きっぱり)。
しばらくこの問題は続きそうです。家がもっと広ければいいのか、そーか!!
(と、ここで納得して終わる)

2018年09月01日

ラ・ラ・ランドを見た

映画「ラ・ラ・ランド」を見ました。
あまり興味はあなかったんですけど、飛行機のなかでやってて、暇で他に見たいのもなかったのでつい。
でも、あなどれないね、けっこう面白かった。
さすが賞をとるだけのことはある。
いまさらながらそう思いました。

ミュージカルじたて、ってのは聞いてて知ってるけど、すごくその部分があって退屈かっていえばそうでもなく(みゅ0時かるが好きではない)、はじめてピアノをひいたっていう俳優さんだけど、様になってたし、うまかった。
ストーリーもちゃんとしてて、バカにしてはいけない映画だったんだなって。
もし同じようにバカにしてて(!)見てないのなら、是非見てください、
あんがい吸い込まれます。

今後ももっといといとな映画を見ようと思った。
映画館へはイケナイけど、飛行機のなかは暇なのでね、
そういう時に。

他にもたくさん見たけど、覚えてるのは「ラ・ラ・ランド」だけです。
それくらい記憶に残る映画でした!

エマ・ワトソンもかわいくて演技がうまかったです。